おしゃれに見せるテクニック!!インテリアの秘密

最初からインテリアを意識した住宅デザインをしよう

せっかくの注文住宅、どうせならインテリアにもこだわっておしゃれな家作りを目指したいですよね。
まずは建てる家のコンセプトにあったインテリアを選ぶことが大切です。ヨーロッパ風のデザインの家に、アジアンテイストの家具やインテリアではなんだかちぐはぐですよね。建てたい住宅のテイストにあったインテリアを選ぶことからはじめましょう。
どうしても既成のインテリアでは好みに合ったデザインのものがない、という場合には、思い切ってインテリアごと作ってもらうのも一つのアイデアですよ。本棚や収納棚は作り付けにしてもらうと、場所をとらず部屋がスッキリして見えるので最初からプランに入れてもらっておいてはいかがでしょう。
インテリアも考えに入れて最初に住宅をデザインしておけば、後になって迷わずにすみますよ。

お部屋の印象を決める、インテリアの法則とは?

おしゃれな部屋に見せるためには、インテリアの配色の法則を知っておきましょう。
お部屋の印象を決める大きな要素は天井や壁、床の色でおよそ70%、そしてカーテンを含めたインテリア類の色が全体の25%、残りの5%が置物やクッションなどの色だとされています。
調和の取れたおしゃれな部屋に見せるためには、インテリアの色を天井や壁の色と合わせた同系色の色でまとめるのが無難でしょう。反対色のカラーを選ぶとメリハリの付いた明るい印象になりますが、まとまりのない感じになりがちです。
またインテリア類のカラーの彩度が低いほどやさしい穏やかな印象となり、逆に彩度が高いものはビビッドな印象を与えます。好みにもよりますがインテリアには彩度の低いものを選び、クッションなどでピンポイント的に鮮やかな差し色を組み合わせるのがおすすめですよ。
いかがでしたか?インテリアにも気を配って、満足のいくおしゃれな家作りをしたいですね!

© Copyright Control Order House.All Rights Reserved.